Written by masa

【筆者レビュー】アバウトタイム~愛おしい時間について~

映画レビュー

画像引用元:アバウト・タイム~愛おしい時間について~/公式ウェブサイト(日本語)

筆者レビュー

選んだきっかけ

パッケージの詳細に『ノッティングヒルの恋人』の監督リチャード・カーティス作品により、きっとおもしろいと思いました。ですが、想像以上に素晴らしい作品でした!!

映画の特徴

タイムトラベルを題材にした作品は数ありますが、あえてその能力に制限を加えた事で物語に幅が広がってきている。
妻メアリーとの出会から子供を授かり幸せな家族の時間を迎えるまでの出来事がコミカルに描かれています。
主人公がモテない男であることが、特におもしろく女性の扱い方の場面で何度となくそのシーンを繰り返す。誰しもこの能力を使い、あの時の、あのシーンに戻れたらと考えると思います。
2人の披露宴が突然の嵐にみまわれ、野外のテント会場が崩壊しているシーンが最高に素敵です!雨でぬれた石畳の上をハイヒールで歩けばすべってころぶ。風が吹けばスカートがめくれてしまう。野外のテントは雨の重みで崩壊する。このようなリアルなシーンとタイムトラベルの非現実的な要素をコミカルに組み合わせることで、視聴2時間が楽しく観られます。

可愛い妻

妻メアリーが特に可愛い!
ティムがメアリーの瞳が可愛いと告げるシーンでは、私も思わずうなずいてしまった。
ラブシーンではメアリーの可愛さとは裏腹な大胆さにギャップ萌えしました。
彼女を変に美化した演出となっていないところが良く、例えば日常のベットシーンでメアリーが身に着けていたブラジャーとショーツには生活感がり、上下セットでない細かな演出が良いと思います。

私はこの作品を全ての方に観て頂きたいと思います。

一見恋愛にフォーカスした作品と思われますが、これは家族愛が支柱となり、それを取り巻く日常の出来事をコミカルに描いています。
更に言うと、父と息子の絆の深さが後半になるに従い、じわじわと物語の味わいを押し上げてくる。

この記事のTOP戻る

私は、こんな人です

まさユキ
人生を悔いなく楽しむ。常に自分を励まし気持ちを奮いたたせています。高卒→ごく普通のサラリーマン35年。多趣味(二輪モトクロス、二輪ロードレース、レーシングカート、F1グッズコレクション、ボクシング、合気道、釣り(渓流、バス)、フットサル、レースオフィシャル、ボルダリング)全て半端なくのめり込む。単身赴任で福島県に在住(地元は群馬県)
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

人気記事【初心者】WordPress初期設定で困った時の速攻対策!

人気記事【映画の決め方】あなたが観たい作品を選択する参考になります!