Written by masa

【ドラマ映画】フォードvsフェラーリ

映画レビュー

画像引用元:フォードvsフェラーリ 公式サイト

ル・マン24時間レースの王者フェラーリに挑んだ、男たちのプライドが描かれた実話です。

新たなレースへのきっかけ

深い闇のなかを高速で走り抜けるキャロル・シェルビーのレーシングカー。
給油のためピットインするが、作業ミスからガソリンに引火!シェルビーは火だるまになる。
シェルビー、そんな夢から覚めると、心臓病の検査におとずれていた診察室だった。
ケン・マイルズ、自身が経営する整備工場でお客ともめている。自分の整備したスポーツカーにクレームを付けられ、お客の車の扱いが不十分だから、エンジンの調子が悪いと言い返す。
フォード生産ライン、フォード・モーター社長のヘンリー・フォード2世があらわれ、全社員に向け更なる会社発展のための企画を考えるよう指示を出す。
ローカルレース出場、ケンのレーシングカーが車両規定違反となり、車検担当ともめている。そこへ現れたシェルビーが仲裁にはいり、なだめるはずが、怒りの矛先がシェルビーに向けられスパナーを投げつける。
レース結果は、巧みなドライブセンスを発揮し優勝する。そのレース運びを見たシェルビーは、ケンの実力を評価し、シェルビーは自分がかつてドライブしたときと同じ感覚をもっていることを知る。優勝の余韻で自宅にもどると、ケンの整備工場は国税局に差し押さえられてしまったことを妻のモリー・マイルズに告げられる。
フォード本社の会議室では、副社長兼マーケティング責任者のリー・アイアコッカはフォード・モーターのブランド力を上げるため、世界的なブランド力をもっているフェラーリを買収することを提案する。
ヘンリーに実行の承認を受け、フェラーリ本社で買収の交渉を進めていたが、ある条件がエンツォ・フェラーリの怒りをかってしまい破断に終わる。
帰国したリーはフェラーリ買収が破断した内容と、エンツォからヘンリーへ伝えるよう言い放った屈辱的なメッセージを伝えた。それを聞かされたヘンリーは激怒し、フォード社の総力をあげてル・マンの王者フェラーリを打ち負かすよう命令をだす。

準備のはじまり

リーはアメリカ人唯一のル・マン優勝経験のシェルビーに、レーシングチームへの参加とアドレスを求める。参加を承諾したシェルビー、ケンの職場をお訪れレーシングマシーン開発に力を貸してほしいと説得するが、妻ロリーとレース引退を約束したことを理由に断る。諦めきれないシェルビーは、フォードの新車発表会にケンと息子ピーターを誘い、その場でスピーチするル・マン参戦へ決意を聞いて欲しいと頼み込む。
ケンから良い返事をもらえないシェルビーは、空輸されたばかりのTG40をケン見せる。興味を示したケンは早速、その場でGT40をドライブすることを願い出る。思う存分乗り回し高揚感が収まらないケンは、シェルビーがGT40の感想を問うより早く車ポテンシャルについて語り始めた。翌朝、妻ロリーが運転し助手席に座るケンに、昨夜のできごとを問い詰めるが話さない。妻は苛立ちから運転が荒くなる。ケンはロリーの運転に手が付けられなくなり、レースをもう一度始めることを白状する。

完走できない理由

テストコースでレーシングマシーンGT40の開発進めるサムは、この車の改造するべき箇所を次々と示していく。
フォード・モータースポーツ部門責任者のレオ・ビーブは、ケンをル・マンのドライバーから外し参戦することを決める。この決定にシェルビーは猛反対、誰よりもGT40を熟知しているレオを外すことは優勝できないことも同然。
ケンは1人ファクトリーで車両整備をしながら、ラジオから流れるル・マンの実況中継に聞き入る。
ル・マンの結果は、ギアボックスの破損でGT40全車リタイヤとなる。

マネージメント

フォード本社の重役室、シェルビーがル・マンの結果を報告する。
ヘンリーは怒りの感情を押し殺し、膨大な資金を投入しても優勝出来ない理由をシェルビーに問い詰める。レースを運営するには、マシン同様にスピードが求められるが、今の組織ではそのスピードを出すことができない。本気で優勝したいのであれば、レース部門の組織を見直すしかないと迫った。
シェルビーはケンの自宅前でレーシングチームに戻ることを要望する。フォードの都合の良い話に怒りをおさえられないケンは、シェルビーに殴りかかり2人の喧嘩がはじまる。殴り合いが終わるころには、お互いへのわだかまりが消え去っていた。
新たな体制でル・マンへ挑戦するため、日夜ファクトリーとコースでテストを繰り返していた。
GT40の性能アップに成功したが新たな問題が発生、レースを通してブレーキの耐久性がもたないことだった。
ケンはル・マンのドライバーとして外せないとヘンリーに迫り、条件付でわあるが承諾をもう。その条件はデイトナ24時間でケンが優勝することだった。
ケンは見事なドライビングでデイトナ24時間を優勝し、ル・マンへの出場を手に入れた。
ル・マンのスタートグリッドに立つケンを見守るシェルビー、自宅でテレビから見守る妻ロリーと息子ピーターだった。
今レースに関わった人たちの想いが、スタート・フラッグを振り下ろした!!

登場人

・キャロル・シェルビー:マット・デイモン
・ケン・マイルズ:クリスチャン・ベール
・リー・アイアコッカ:ジョン・バーンサル(副社長兼マーケティング責任者)
・モリー・マイルズ:カトリーナ・バルフ(マイルズの妻)
・ヘンリー・フォード2世:トレイシー・レッツ(フォード・モーターの社長)
・レオ・ビーブ:ジョシュ・ルーカス(フォード・モーターの副社長)
・ピーター・マイルズ:ノア・ジュープ(マイルズの息子)
・エンツォ・フェラーリ – レモ・ジローネ(フェラーリ創設者)
・フィル・レミントン:レイ・マッキノン
・ロイ・ラン:JJ・フィールド(フォード・モーターのチーフエンジニア)
・チャーリー・アガピオウ:ジャック・マクマレン
・ジャンニ・アニェッリ:ジャン・フランコ・トルディ
・ブルース・マクラーレン:ベンジャミン・リグビー
・デニス・ハルム:ベン・コリンズ
・ロレンツォ・バンディーニ:フランチェスコ・バウコ
・ドン・フレイ:ジョー・ウィリアムソン(フォード・モーターのエンジニア)
・ダン・ガーニー:アレックス・ガーニー
・フランコ・ゴッツィ:コッラード・インヴェルニッツィ
・Dr.グレンジャー:ウォレス・ランガム

こんな人におすすめ

  • 自動車レースが好きな方
  • マット・デイモンが好きな方
  • 家族愛が大好きな方
  • サクセスストーリーが好きな方
  • スリルが大好きな方
  • ごく身近なできごとに感動したい方
  • エンツォ・フェラーリが好きな方

この記事のTOP戻る

私は、こんな人です

まさユキ
人生を悔いなく楽しむ。常に自分を励まし気持ちを奮いたたせています。高卒→ごく普通のサラリーマン35年。多趣味(二輪モトクロス、二輪ロードレース、レーシングカート、F1グッズコレクション、ボクシング、合気道、釣り(渓流、バス)、フットサル、レースオフィシャル、ボルダリング)全て半端なくのめり込む。単身赴任で福島県に在住(地元は群馬県)
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

人気記事【初心者】WordPress初期設定で困った時の速攻対策!

人気記事【映画の決め方】あなたが観たい作品を選択する参考になります!