Written by masa

移動時間で音楽を聴きたいが、耳に合わないイヤホン問題【解決方法】

How To

今や音楽プレーヤーやスマホを持ち歩くのがあたりまえになり、どこでもイヤホンで音楽を楽しむ人が多くいます。

引用元:PR TIMES

イヤホンを使用している人の悩み

  • 耳に合わずポロリと外れてしまう。
  • 長時間使用すると耳が痛くなってしまう。
  • 自分に合うイヤホンが見つからない。

今回の記事は、イヤホンが耳に合わないストレスを解決する内容でまとめます。

イヤホンを、長時間使用すると耳が痛くなるのか?その対策は?

カナル型インナーイヤー型のイヤーピースは、イヤホンを耳にフィットさせる
ためですが、自分の耳に合わず耳に痛みが発生すると考えられます。

個人差により耳内部のカーブまでの長さが違うため、その長さや
角度に合ったイヤーピースでないと、音の通り道を塞いでしまい
痛みが出たりします。
外耳道軟骨の圧迫によって起こるものが多いようです。

イヤホン、どの様なことで耳が痛いとなる?その対策方法

自分の耳に合っていないイヤホンを長時間使っていると「外耳(耳の外側の部分)」を傷つけことになります。

外耳が蒸れることが原因で耳の病気になる
可能性もある。

 

イヤホン多種類を試し、耳が痛い対策をましたが、、、

趣味で、イヤホンを一日10時間以上にわたり使用していました。
多種類のカナル型やインナーイヤー型のイヤホンを試してみましたが耳に合わず、
使っているとぽろりと耳から落ちてしまうことが多々ありました。
何度も耳にねじ込んで使用していた結果、耳の皮膚がただれてしまいイヤホンが
使用できない状態になりました。

他の症状として気を付けること

長時間にわたるイヤホン使用により、耳の中の湿度が高くなってしまうと細菌が繁殖しやすくなります。
細菌が繁殖することで耳に痛みを感じるようになるのです。

イヤホンしたいが、耳が痛いとなる対策を提案します!

骨伝導のイヤホンで耳への負担を軽減させましょう!

メリット

  • 外耳(耳の外側の部分)形に関係なく使用できます。
  • 周囲の音もよく聞こえので、屋外でもより安全に使用できます。
  • 通常のイヤホンに比べて、使用者が少ないので目立ちます。
  • ジョギングでも問題なく使用できます。

デメリット

  • スピーカーと同様に周囲へ音が広がることがあります。公共の場所、
    特に通勤や通学などでは配慮が必要です。
  • 夏場はスピーカーと接触する皮膚部分が汗ばみます。
  • メガネと併用すると、違和感がある方もいると思います。

イヤホンをすることで、耳が痛い症状の対策のまとめ

現代社会では通勤、通学の移動時間を利用して音楽、オンライン・ネットゲームや
企業のグローバル化に伴いTOEICのオンライン授業にイヤホンは必需品となってます。
その一方で耳への外的な負担も増しているのも事実ですね。それを解決するために、
自分の耳の形状に合ったイヤホンをオーダーメイドすると数十万円するそうです、、、そこまではしませんよね!?

イヤホンは骨伝導式を利用することです!!

↓↓ 愛用しています ↓↓

情報の引用先

私は、こんな人です

まさユキ
人生を悔いなく楽しむ。常に自分を励まし気持ちを奮いたたせています。高卒→ごく普通のサラリーマン35年。多趣味(二輪モトクロス、二輪ロードレース、レーシングカート、F1グッズコレクション、ボクシング、合気道、釣り(渓流、バス)、フットサル、レースオフィシャル、ボルダリング)全て半端なくのめり込む。単身赴任で福島県に在住(地元は群馬県)
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

人気記事【初心者】WordPress初期設定で困った時の速攻対策!

人気記事【映画の決め方】あなたが観たい作品を選択する参考になります!