Written by masa

【ミステリー映画】セブン(R18)

映画レビュー

画像引用元:セブン 公式サイト

あらすじ

雨の降り続く、とある大都会。退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事ウィリアム・サマセットと、血気盛んな新人刑事デビッド・ミルズは、ある死体発見現場に急行した。死体は信じられないほど肥満の男であり、彼は食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。現場には犯人が書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字とメモ。
次の被害者は強欲な弁護士のグールドであり、彼は高級オフィスビルの自室で血まみれになって殺されていた。
死体はちょうど贅肉の部分を1ポンド分切り落とされており、状況から犯人は2日かけて、被害者にどこの肉を切るか選ばせていたと推定された。
現場には被害者の血で「GREED(強欲)」と裏の壁に指紋で書かれた「HELP ME」の文字がサマセットは、犯人が「七つの大罪」をモチーフにして殺人を続けていると判断する。

現場の指紋から前科者であるヴィクターという通称の男が浮かび上がる。彼の部屋に踏み込むと、左手首を切られ、舌を噛み切った状態で、ベッドに縛りつけられ廃人状態となった姿で発見された。
壁には「SLOTH(怠惰)」の文字が書かれていた。

行き詰った2人は、次の犯行を待つだけになったミルズは苛立ちを募らせる。サマセットは知人のFBI関係者と裏取引し、犯人の手掛かりとなる情報を違法に入手する。
それは、「七つの大罪」に関する書物の貸し出し記録から「ジョン・ドウ」という男を容疑者として割り出す。
サマセットとミルズはジョンのアパートを訪ねるが、偶然、帰宅してきた彼と鉢合わせる。
部屋を捜索すると、これまでの被害者の写真が発見され、彼が一連の事件の犯人と断定される。
ジョンは大胆にも報道カメラマンを装ってミルズの前に現れていたのだった。

ほどなくして、ある娼婦が4番目の犠牲者「LUST(肉欲)」として殺害された。
続けざまに美人モデルが5番目「PRIDE(高慢)」の死体として発見された。
「ENVY(嫉妬)」「WRATH(憤怒)」のワードが残る中、血塗れの服を着たジョンが自首してくる。
彼は取り調べを受けるが、本名、経歴、目的は一切不明であった。
ジョンは弁護士を通じてミルズとサマセットの2人を指名し、彼らに残る2つの死体の隠し場所を教えるという。

キャスト

・デビッド・ミルズ刑事/ブラッド・ピット
・ウィリアム・サマセット刑事/モーガン・フリーマン
・トレイシー・ミルズ/グウィネス・パルトロー
・警部/R・リー・アーメイ
・マーティン・タルボット検事/リチャード・ラウンドトゥリー
・マーク・スワー弁護士/リチャード・シフ
・ジョン・ドゥ/ケヴィン・スペイシー
・テイラー刑事/ダニエル・ザカパ
・カリフォルニア/ジョン・C・マッギンリー
・マッサージ店にいた被害者の男/リーランド・オーサー
・マッサージ店の受付係/マイケル・マッシー
・ワイルド・ビル/マーティン・セレン
・ベアーズリー医師/リチャード・ポートナウ
・オニール医師/ピーター・クロンビー
・デイヴィス巡査/ジョン・カッシーニ
・ジョージ/ホーソーン・ジェームズ
・脂ぎったFBI捜査官/マーク・ブーン・Jr.
・図書館の警備員/ロスコー・デヴィッドソン
・グールド夫人/ジュリー・アラスコグ
・ミルズに詰め寄る女記者/ドミニク・ジェニングス
・ニュースキャスター/ビヴァリー・バーク

この記事のTOP戻る

私は、こんな人です

まさユキ
人生を悔いなく楽しむ。常に自分を励まし気持ちを奮いたたせています。高卒→ごく普通のサラリーマン35年。多趣味(二輪モトクロス、二輪ロードレース、レーシングカート、F1グッズコレクション、ボクシング、合気道、釣り(渓流、バス)、フットサル、レースオフィシャル、ボルダリング)全て半端なくのめり込む。単身赴任で福島県に在住(地元は群馬県)
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

人気記事【初心者】WordPress初期設定で困った時の速攻対策!

人気記事【映画の決め方】あなたが観たい作品を選択する参考になります!