Written by masa

【筆者レビュー】バットマン ダークナイトライジング

映画レビュー

画像引用元:バットマン ダークナイトライジング 公式サイト

クリストファー・ノーラン監督のバットマン3作目で最終作品です。

今回は、原作に登場するキャットウーマンが出てきます。

バットマン同様に人間性を出したキャラクター設定となってますよね。

原作と違う(!?)バットマンと行動をともにする。そして、お互い影がある同志(!?)として歩ことになる、、!?

ストーリーの入り方が良く練られていますね!ハービー殺害の罪を自ら背負い世間の闇に身を潜める≒闇の騎士となる。

バットマン同様にブルースとしても心身共に疲れ果て、世間から魔物扱いとなる、、、ある意味では、ブルースとしても闇の騎士(!?)になったのでは!

数年後、新たなる敵となるベインがあらわれる。どう見ても、バットマンに分があるとは思えないほどの迫力、真っ向勝負してますが、やはりですね!

始まりから、最終に向けてのストーリーは練り込んでいるわけではないのです。ただ、ノーラン監督です!バットマン、キャットウーマン達のキャラクター性、映像感を演出することでストーリーの軸に厚みを持たせているのが、とても素晴らしい!

イチオシのキャラクター、バットマンをノーラン監督が手掛けた3作品は、素晴らしいの一言につきます。

私は、こんな人です

まさユキ
人生を悔いなく楽しむ。常に自分を励まし気持ちを奮いたたせています。高卒→ごく普通のサラリーマン35年。多趣味(二輪モトクロス、二輪ロードレース、レーシングカート、F1グッズコレクション、ボクシング、合気道、釣り(渓流、バス)、フットサル、レースオフィシャル、ボルダリング)全て半端なくのめり込む。単身赴任で福島県に在住(地元は群馬県)
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

人気記事【初心者】WordPress初期設定で困った時の速攻対策!

人気記事【映画の決め方】あなたが観たい作品を選択する参考になります!